節祭(祖納)

国の無形重要文化財

節祭は祖納、星立の2会場で開催

西表島では、毎年旧暦10月前後の「つちのとのゐ」の日に「節祭(しち)」という行事が行われます。五穀豊穣と住民の健康・村落の繁栄を願う伝統行事で、500年もの歴史がある行事。1991年に国の重要無形文化財に指定された行事で、歴史がある行事です。

節祭は3日間かけて行われます。1日目は家庭で、2日目は「世願い」といって船元の御座で、3日目は太平井戸で行われるものです。2日目の「世願い(ゆーくい)」が「節祭」のメイン。祖納集落と星立集落の2会場でそれぞれ行われます。それぞれの会場で内容や時間帯が異なるので、世願いの日は、それぞれの会場を行ったり来たりするって楽しみ方もあります。

関連記事>>>節祭(星立・干立)

祖納集落の節祭

祖納で行われる節祭は、最初に船元の御座にミルク神をお招きすることから始め、神様に芸能を捧げる芸能奉納などが催されます。前泊海岸での迫力のある棒術、西表島祖納方言の狂言などが見ることができます。

昔から伝えられてきた行事で、集落の歴史や文化、風習などを次の世代につなげていくという役割もある行事です。島の若い人が中心となり、奉納を実施。島の人たちも、たくさんお祝いに訪れる伝統行事でもあります。集落の若者が集落の伝統を引き継いでくれる、集落に暮らすオジイやオバアも目に涙を浮かべながら温かく見守っています。

関連記事>>>前泊海岸

先人から受け継ぐ行事

島には娯楽が少ないので、地域の行事が子供達の遊び場になったりもします。幼稚園生ぐらいの小さな子供も立派な一員です。少しぎこちなかったり、セリフを間違えちゃったりする時もありますが、そんな一生懸命にやっている姿はとてもカワイイです。

日本は人口も少なくなってきており、地域によっては伝統が失われていく場所も多くあると思います。しかし、そんな今だからこそ、残さなくてはならない伝統もあったりします。島人(しまんちゅ)と呼ばれる島で産まれ育った人はもちろんのこと、内地の人(ないちゃー)と呼ばれる内地(沖縄以外の日本)から移り住んできた人たちも力を合わせて、集落の伝統を残していこうとしています。

西表島が好きで、祖納集落を愛している人たちが作っている行事「節祭」を見学してみてください。みんな真剣に演じているので、とてもあつい熱気がヒシヒシと伝わってきますよ。

 

About アツシ 15 Articles
こんにちは、沖縄離島ナビです。 大学でインドネシアのボルネオ島のジャングル調査に関わり、ジャングル好きに! ジャングルの島「西表島」でカヌーガイドを5年した経験があります。 現在は、石垣島に移住し、石垣島の魅力、沖縄の魅力を配信しています。夢は石垣島で旅人、島人が集まりワイワイと情報交換ができる社交場を作ることです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*