海神祭(西表島白浜)

海神祭(かいじんさい)

旧暦の5月4日

旧暦5月4日(ユッカヌヒー:四日の日)に行われるお祭りで、大漁祈願のお祭りでもあります。沖縄の各地で開催され、ハーリーという爬龍船(ハーリー船)を漕ぐことで有名です。元々は沖縄本島で行われていた行事で、明治時代に離島にも伝わったと言われています。

沖縄本島でも各港で開催されているといっても過言じゃない有名な行事です。海神祭(かいじんさい)と言わずに〇〇ハーリー、〇〇ハーレーなどと呼ばれたりもします。離島では石垣島四カ字・白保・船越・小浜島細崎、西表島白浜、与那国島久部良などで開催される海神祭です。

西表島は白浜

西表島では白浜という集落で開催されます。前日に前夜祭、当日はハーリーのレースで大盛り上がり。島をあげてのお祭りでもあります。白浜の人たちだけでなく、西表島島内からもハーリーチームが集まり、それぞれでレースをしたりして盛り上がります。

関連記事>>>白浜港

まるで、運動会のようなハーリー。小学生チームや婦人会チームなど色とりどりのチームが存在し、海神祭の1ヶ月前ぐらいから白浜集落で練習があったりもします。海の神様への奉納のレース。神聖なレースでありながらもスポーツイベントのような盛り上がりも見せてくれる行事です。

海神祭は梅雨の終わりを告げる祭

海神祭、ハーリーの鐘がなったら、梅雨が明けるとも言い伝えられている行事。沖縄では5月上旬から6月中旬が梅雨。旧暦(太陰暦)の5月4日は新暦(太陽暦)の6月。ちょうど梅雨が終わる時期。これから夏に向けて、大漁でありますようにと祈願しながらハーリーを漕ぎます。

沖縄は小さな島国でもあるので、潮の満ち引きなど、自然の影響を受けやすい場所でもあります。自然のうつろいと共に暮らす人々。潮の満ち引きは「月」の影響を強く受けるので、月の暦(太陰暦:旧暦)が大事にされています。海と共に暮らす。海人(うみんちゅ)という言葉の通り、海に恩恵を受けながら、海に苦しめられる。海と一緒に生きる人々だからこその行事でもあります。

ぜひ、海神祭の時期に沖縄を訪れ、人々の熱気、夏の日差しを感じてみてください。

 

 

About アツシ 15 Articles
こんにちは、沖縄離島ナビです。 大学でインドネシアのボルネオ島のジャングル調査に関わり、ジャングル好きに! ジャングルの島「西表島」でカヌーガイドを5年した経験があります。 現在は、石垣島に移住し、石垣島の魅力、沖縄の魅力を配信しています。夢は石垣島で旅人、島人が集まりワイワイと情報交換ができる社交場を作ることです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*