西表島初めての人は「ピナイサーラの滝」は行くべき!

こんにちは、沖縄離島ナビです。

「西表島へ初めて旅行に行くんだけど、どこ行ったらいいの?」って人多いと思います。西表島って、ただでさえ離島な、沖縄のさらに離島なので、情報が少ない。

今回は、初めて西表島へ行く人におすすめのスポット3選を紹介します。

西表島へ初めて行く人におすすめの場所3選

八重山の離島「西表島」。西表島は島の8割がジャングルに覆われており、自然豊かな島として知られています。まさにジュラシックパークの世界。恐竜、ワニなんかはいませんが、茂みからガサガサと出てきそうな雰囲気です。

そんなワクワク体験が待ち受けている西表島ですが、沖縄の田舎の離島なので、観光情報が少ないです。ガイドブックを見ても10ページほど、ちょろっと載っているだけ。

そんな情報が少ない西表島へ初めて行く人に「ここは行くべき!」ってスポットを紹介します。

 

西表島に5年住んでいた元ガイドがおすすめする3つの観光スポットは「ピナイサーラの滝・星砂の浜・由布島」です。

初めての西表島旅行は、この3つを押さえておけば、間違いないです。3つ全ては1日では回りきれないので、中でも特に気になる場所を選んで行ってみてください!

 

まずは、「ピナイサーラの滝」

まずは「ピナイサーラの滝」。ガイドブックにもドーンと載っていることが多いスポット。西表島では、昔から聖地として崇められてきた場所です。現在では、カヌーを使ったツアーで人気のスポット。

 

西表島のパワースポット

沖縄県で一番落差のある滝で、滝壺で泳ぐこともできます。

滝の真下から眺めると迫力満点!西表島随一のパワースポットとしても人気の場所です。

 

カヌーツアーがおすすめ

ピナイサーラへ行くには「アクティビティツアー」に申し込むことが必要です。自分たちだけで行けなくもないんですが、道がわかりずらいので「ツアー」で行くことを強くおすすめします!

特に人気なのが「カヌー」を使ったツアーで、ピナイサーラの滝から流れ出した水が「ヒナイ川」という川を作っています。そのヒナイ川をカヌーを使って漕いで登っていくツアー。

川には「マングローブの林」が広がり、日本じゃないような光景を見せてくれています。

 

「半日コース」と「1日コース」の違い

ピナイサーラの滝へ行くコースは「半日コース」と「1日コース」の2種類があります。

「半日コース」はピナイサーラの滝壺へ行って遊ぶコース。「1日コース」は滝壺だけでなく、滝の上へ登って滝上からの景色も眺められるコースです。

 

コース 半日コース 1日コース
所要時間 約4時間 約7〜8時間
料金(目安) 6,000円前後 1,1000円前後
難易度 ★★☆☆☆ ★★★★☆
体力度 ★★☆☆☆ ★★★★☆
カヌー時間(片道) 約1時間 約1時間
トレッキング時間 約15分 約15分(滝壺)、約50分(滝上)
トレッキング時間(合計) 約30〜45分 約2時間〜3時間

 

 

「半日コース」がおすすめ!

おすすめは、半日コース。滝の上まで行くと絶景を楽しめるんですが、登山がしんどい。滝壺までは片道15分程度の山歩きですが、滝上まで行くと片道50分程度。かなりの急勾配なので、体力に自信のある人は挑戦してみてください!

 

滝壺だけでも、かなり満喫できるので「半日コース」で、滝壺、マングローブを満喫して、午後から別の場所へ移動して観光を楽しんでも全然OK!体力や時間と相談して決めてみてください。

 

ツアーは「ショップ選び」が最重要!

それぞれのツアー会社さんで開催されているコースが違うので、申し込みの時に確認してみてください!カヌーのツアー会社さんは西表島島内だけでも80社。ピナイサーラの滝ツアーをやっている会社で約40社あるので、自分に合った会社を選ぶことも重要です。

カヌーツアーのショップの選び方は、こちらの記事を読んでみてください!

関連記事>>>西表島でカヌーショップを選ぶ3つのポイント

 

 

「星砂の浜」もおすすめ!

ピナイサーラの滝以外でおすすめなのが、「星砂の浜」です。西表島には海岸、ビーチが数多くあるんですが「星砂の浜」が一番美しいビーチです。

湾のように内側に窪んだ形になっているので、流れが穏やか。潮の流れも緩やかなので、子連れでも安心して泳ぐことのできるビーチです。

 

砂浜は、サラサラのパウダーサンド。海の水際に近い場所で、手を地面につけてみてください。手にくっついた砂をよく見てみると、星の形をした砂が所々付いているのが見えます。

その砂が「星の砂」。星砂の浜と呼ばれている海岸は、西表島以外にも「竹富島」「与論島(鹿児島県)」など多数あるんですが、西表島の星砂の浜が一番「星砂率」の高い浜です。

 

他の島では、1時間かかっても3つ4つしか見つけられないですが、西表島へ行けば1分で30個は見つけられる!手についた砂の約10%は星砂の浜なので、砂の中に含まれる星砂の数が圧倒的に多いです。

 

星の形をした砂を見つけるのも楽しいんですが、西表島の「星砂の浜」の一番の楽しみ方は「シュノーケル」です。比較的、浅瀬な海岸なんですが、泳いで20秒の場所に「サンゴ礁」がある砂浜です。

サンゴ礁には、輝くような青色をした「ルリスズメダイ」がいたり、ファインディング・ニモで有名な「カクレクマノミ」がいたり。色とりどりの魚たちがたくさん泳いでいます。

箱メガネを持っていけば、泳がなくても熱帯魚をみることができる浜。

沖縄の綺麗な海を堪能するには、持ってこいな最高の場所ですよ!

 

 

「由布島」は行っておこう

西表島に隣接した島「由布島」。水牛車に乗って渡る事で、有名な島です。八重山諸島で水牛車に乗れるのは「由布島」と「竹富島」の2島だけ。由布島の水牛車は、運転手さんが道中「三線」を弾いてくれるサービス付きです!

水牛のゆっくりとした歩みに揺られながら、オジイの三線の音色を聞いていると「沖縄だなぁ」って気分がしみじみ湧いてくる。

 

由布島には「水牛が休んでいる池」もあり、近くで水牛を見ることもできます。ロープでつながれているので安心なはずなんですが、あまりの迫力に、ちょっとビクッとなっちゃいます。

蝶園、フルーツ園などの施設もあり、南国フルーツの盛り合わせを食べれたり、いろんな種類の蝶を見ることができたりと、楽しい島です。中でも「オオゴマダラ」という蝶は<蛹が金色>で有名な蝶々。輝くようなゴールドの蛹を、一度は見てみてください!

 

由布島近くにある「猪狩家(かまいとぅーや)」さんでは、西表島で獲れた「リュウキュウイノシシ」を使った料理も食べることができます。お店のご主人が猟師さんなので、自分で獲ってきて、自分で捌く本格派のイノシシ料理を楽しむことができます。鮮度抜群のイノシシ料理が食べれるお店は少ないので、行く価値ありなお店です。

庭には、ケージで囲われたイノシシの家もあるので、タイミング次第では、生きているイノシシを間近で見ることもできますよ!

 

 

 

それじゃ、楽しく旅してね!

 

 

 

About アツシ 29 Articles
こんにちは、沖縄離島ナビです。 大学でインドネシアのボルネオ島のジャングル調査に関わり、ジャングル好きに! ジャングルの島「西表島」でカヌーガイドを5年した経験があります。 現在は、石垣島に移住し、石垣島の魅力、沖縄の魅力を配信しています。夢は石垣島で旅人、島人が集まりワイワイと情報交換ができる社交場を作ることです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*