網取

網取(あみとり)

廃村になった集落

西表島には昔は集落があったけど、無くなってしまった集落というのがあります。網取(あみとり)集落もその一つです。白浜から船浮、サバ崎を越えて西へ向かうと網取があります。昔は集落として人々が生活していました。1971年に廃村になり、今は昔の網取小中学校の跡地に東海大学沖縄地域研究センターが作られています。道路などはなく、船でしか行けない場所です。

関連記事>>>白浜港、船浮集落、サバ崎

白浜もそうですが、西表炭坑があった時代に栄えていた集落です。第二次世界大戦の終わりと共に西表島の炭坑の歴史に幕を閉じ、炭鉱と共に急速に衰退していった集落でもあります。西表島の炭鉱の歴史には暗い影の部分もありますが、西表島のような小さな島では一大産業だったことは間違いないようです。

自然が美しい場所

廃村になったからこそ自然が多く残っている場所でもあります。人がいないと自然はこんなにも豊かで、のびのびとしているもんなんだなぁと感じさせてくれる場所。昔の船着場から海を眺めると、一面エメラルドブルーの海。船着場からジャボンと飛び込んで潜ってみると、クマノミやスズメダイ、ツノダシなどカラフルな熱帯魚の群れ。陸にあがり地面に寝転ぶと、森の緑の爽やかな風が肌をなでる。

ありのままの自然が堂々と生きている場所、自然と一体になれる場所が網取です。網取に行くには、マリンタクシーなどの船をチャーターして行くか、カヤックやヨットでのツアーに参加するなど、方法は様々です。

西表島に初めて来られる方はもちろんのこと、何度か来られてる方でも「もっと自然を感じれる奥地へ行きたい」という方にもオススメできる場所です。行く時は、シュノーケルセットは忘れずに持っていってください。見たことがないような透明度の海を楽しむことができますよ!

 

About アツシ 15 Articles
こんにちは、沖縄離島ナビです。 大学でインドネシアのボルネオ島のジャングル調査に関わり、ジャングル好きに! ジャングルの島「西表島」でカヌーガイドを5年した経験があります。 現在は、石垣島に移住し、石垣島の魅力、沖縄の魅力を配信しています。夢は石垣島で旅人、島人が集まりワイワイと情報交換ができる社交場を作ることです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*